キッチンに置く調理用雑貨やインテリアは、生活感を左右するので、アイテム選びも工夫しましょう。

生活のしやすさとインテリアの関係
生活のしやすさとインテリアの関係

生活を楽しくするキッチンのインテリア

生活のしやすさとインテリアの関係
わたしが一人暮しをしているときに不満だったのは、キッチンの調理用品がおしゃれではなかったことです。まだ、わたしが大学生の頃には、オシャレな調理用の道具は少なく、しかも高価でした。仕方なく使っていたメーカーのものは、とにかく実用性が重視されているため、トースターやオーブンなどもオシャレとはいえませんでした。インテリアにこだわっても、キッチンの生活感で台無し、ということもよくありました。最近では、びっくりするようなオシャレなグッズがたくさんあります。たとえばトースター一つとっても、70年代のアメリカ映画に出てきそうな製品がありました。複雑な機能はなく、食材を焼くだけなのですが、その分デザインもシンプルであか抜けているのです。

機能的にも、トーストを焼くだけでなく、専用の器に野菜やウインナー、卵などを入れてグリルすることで、簡単に付け合わせもできあがります。レシピブックもついているので、工夫次第でたくさんの料理ができそうです。ただのオシャレなトースターではありません。色も、オフホワイトやオレンジ、グレーなど、ちょっと他のトースターには無い色合いですし、こだわりたい人にはおすすめです。オシャレな調理用品は、使い勝手が悪くて、ということも多いですが、最近の製品は実用性とオシャレさを両立させていてみごとです。ただ、子どもができたり、結婚相手の両親と住んだりということになれば、あまりコンパクトな調理用品だと間に合わないかもしれませんので、その際はライフスタイルに合わせて買い替えるといいでしょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017生活のしやすさとインテリアの関係.All rights reserved.